必要とされる、介護の仕事|知っ得の介護ウラ話

必要性

国保中央会介護伝送ソフトで提出するデータを一瞬で送れる

国保中央会介護伝送ソフトはその名の通り、介護保険の手続きで必要となるデータを通信回線を通して一瞬で国保中央会、つまり国民保険中央会に届けるための介護保険専用のデータ送信ソフトです。 なぜ通常のパソコンのメールなどでは無く、国保中央会介護伝送ソフトのような特別なソフトが必要かというと、介護保険を受け取るために提出しなければならないデータは、被保険者の大切な個人情報が含まれるからです。 そのような大切な情報を伝送するため、国保中央会介護伝送ソフトで事業所と国保中央会を繋げるラインはISDN回線というセキュリティ対策のしやすい回線を採用しています。 安全である分、通信速度は低速ですが、これまで介護保険為に必要な情報を速やかに国保中央会に届けてきました。 さらに最近ではISDN回線では無くインターネットでデータを伝送できるようになり、さらに便利になったのです。

販売しているのは国民健康保険中央会

このような介護サービスをサポートする国保中央会介護伝送ソフトは伝送先である国保中央会、正式名称で国民健康保険中央会が販売しています。 ただ単に販売しているだけで無く、定期的に国保中央会介護伝送ソフトのバージョンアップにも携わっており、この度ISDN回線だけでなくインターネットでもデータ通信が可能となったのもそのバージョンアップによるものです。 国民健康保険中央会は、今や日本全体の問題となる高齢化社会を乗り切るために、各地域の介護サービスと連携できるよう国保中央会と事業所を繋げるためこの国保中央会介護伝送ソフトを作り、販売して広めています。 これから団塊の世代が介護を受ける年齢になるため、さらに大量の介護保険の申請を処理する必要があります。 そのために国保中央会介護伝送ソフトはさらに新しい機能を追加して、介護サービスの手助けを強化しなければなりません。

↑SITE TOP