必要とされる、介護の仕事|知っ得の介護ウラ話

入念な開発

現場の声を聞きながら商品開発

お家で介護が必要になった場合や介護職で働くことになった場合、必要なものとしてエプロンがあります。介護用のエプロンは専用で作られてるものも多く、汚れが取れやすいようになってるものも目に入ります。介護というと食事・入浴・排泄のお世話など仕事の内容は多岐に渡り、エプロンをしない状態で仕事を進めてしまうと、すぐに服は汚れてしまいます。 介護に使用するエプロンには購入とレンタルの2種類があり、レンタルをするケースはどこかの介護事務所で働いているもしくは自分自身が介護施設の経営者である場合が多いです。レンタルは1日いくらというものと、月単位でいくらとなっているものとに分けることができるので、そのあたりも利用方法に応じた契約を結ぶように心がけましょう。

最近は医療関係向けのポーチを開発

介護エプロンには、上からかぶってすぐに着用することが出来るタイプと腰につけるタイプのものがあります。軽度な仕事をする場合であれば腰につけて使用するタイプのほうが動きやすかったりもするので、メリットが大きいです。反対に全身を使って仕事をするのであればかぶって着用するタイプのもののほうが良いのではないでしょうか。男性用か女性用かでもサイズが違うので、選ぶときには男性・女性・男女兼用の部分も確認をしておく必要があります。 購入するのであれは介護用品を扱っているお店に行くかインターネットで選べば大丈夫です。インターネットなど通販だと届くのが遅いというイメージを持っている人も多いですが、翌日に届くような注文もあります。

↑SITE TOP